リサイクルトナーって品質を保証する基準がないんです。

リサイクルトナー業界のお話




[PR]



2006年06月28日(Wed)
リサイクルトナーって品質を保証する基準がないんです。
こう言ってしまうと元も子もないだろ〜って
思われるかもしれませんが、事実なんです。

ですからいい加減な販売業者の
部材も交換しない、トナー充填するだけの
超格安な(コストがかからないから当たり前)
リサイクルトナーによって
全体のイメージを悪くしたりもしています。


業界団体として日本カートリッジリサイクル工業会(AJCR)もありますが、あまり機能はしていません。

事実として、
工業会では会員企業は「環境対策標準書」を遵守し
該当製品に「トナーカートリッジ・リユースラベル」
を貼付することとしておりますが、
全会員企業、全製品に貼付されている訳ではありません。

と言うよりも貼っていない会員企業、
製品のほうが多いんです。

普及していない要因は上記のように
会が機能していないことも大きいのですが
このラベルは会員企業が別途購入しなければ
いけないということが普及しない要因だと考えます。

ある会員企業からは貼っても貼らなくても品質を保証する
ものではないのだからわざわざ購入してまで
(コストアップしてまで)貼る必要性はないとう
声も聞いております。

弊社は会員企業ではないので
直接会へ提案をすることは出来ません。

ですので、先日大手S社の担当の方へ下記のような
提案をさせて頂きました。

【ラベル普及の提案】

・現在より年会費がUPするが、
 工業会の年会費の中にラベル代金を組み込む
・会員企業間で生産本数に差があるので、
 生産本数の少ない企業へ合わせたラベル枚数を配布し、
 その数量以上必要な企業は別途購入する

この様に改定すれば少なくても配布した枚数分だけは
間違いなく製品に貼付され、現在よりはラベルの認知度が
UPするものと思います。


当ブログをご覧の工業会会員企業関係者様へ

複数企業からの提案であれば更に実現性が増すものと
思われますので、是非次回の会合の際に提案のほど
よろしくお願いいたします。


業界の発展と工業会が機能することを切に願う
店長よりの提案でした。


※ 賛助会員でもいいので工業会に
  入れないものですかね?








リサイクルトナーの購入はこちらです。



   


チーム・マイナス6%

エコ製品の利用促進活動に
賛同・参加しております。

うなちゃんのmixi
うなちゃんのTwitter



新着トラックバック/コメント


カレンダ
2006年6月
       
28  

アーカイブ
2005年 (125)
7月 (18)
8月 (29)
9月 (21)
10月 (17)
11月 (21)
12月 (19)
2006年 (153)
1月 (16)
2月 (10)
3月 (12)
4月 (12)
5月 (10)
6月 (23)
7月 (13)
8月 (11)
9月 (9)
10月 (18)
11月 (7)
12月 (12)
2007年 (81)
1月 (7)
2月 (5)
3月 (3)
4月 (3)
5月 (17)
6月 (4)
7月 (4)
8月 (13)
9月 (5)
10月 (7)
11月 (6)
12月 (7)
2008年 (53)
1月 (2)
2月 (7)
3月 (1)
4月 (2)
5月 (4)
6月 (7)
7月 (5)
8月 (4)
9月 (3)
10月 (6)
11月 (6)
12月 (6)
2009年 (21)
1月 (5)
2月 (9)
3月 (1)
9月 (6)

アクセスカウンタ
今日:8
昨日:52
累計:545,541